あなたは

アクセスカウンター

  • 140331:
番目の
ご訪問者です。

14期の動向

2019(H31)年 関東十四期会「新年会」報告

2019/02/14

平成31年 関東十四期会 新年会報告

日時:2019(H31)年1月24日(木) 14時~16時
場所:「日比谷サロー」 東京都千代田区日比谷公園1-1
参加人数:33名(男27名、女6名)

1月24日、標記の新年会を「日比谷サロー」で2時から開催しました。参加者は33名。女性は6名もの参加。天候は冬晴れ快晴。実に恵まれた一日。
当日は秋田から、祐子さん、新潟から孝金君と友子さん、京都から鈴木君、名古屋から上関君が参加してくれました。


新年会恒例の事前イベントは東京駅から日比谷の会場までの散策。長井会長の案内でまず、新しく復活した丸の内広場で、赤煉瓦造りの東京駅をバックに記念写真。旧中央郵便局を活用してできた「キッテ」から始めて、丸の内のビル街を見学。我が国のビジネスの中心街は若かりし頃の街並みと見違えるように変化したのを楽しみながら、10分遅れで会場に無事到着しました。

全員揃ったところで早速、会長挨拶から開始。次に91歳を迎える小番先生の「指の不調が整体師のお陰で驚くほど回復したこと」などしっかりお話頂き、乾杯は久し振りに新潟から来た友子さんが音頭を取り、全員で声高く元気に唱和。新年会が始まりました。会場は1949年(昭和24年)創業のレストランの2階を貸し切り状況。宴会はテンポが速くどんどん食事と会話が弾んでいたが、2時間の会食制限があったので、早めに個人報告タイムへ移行。皆夫々蘊蓄のある話で一人一人の時間制限はオーバー気味。途中からスピードアップした次第。詩吟の師範長谷川君の披露はさすがのもの。ゴルフ名人岡本君からはエイジシューター宣言が出たり、菅原(保)君から自作の川柳風傑作の披露等など盛り上がった中でピタリと時間内で終了しました。畠山・小倉の幹事名コンビの腕と皆の協力でした。中締めは秋田県民歌(通常は校歌ですが、先導の一人以外誰も歌えない歌)でした。会場から出て、都心とは思えない、すがすがしい公園に出て記念写真を何回も撮ってやっと解散です。ということで楽しい時間はあっという間に終わりました。二次会はその後、カラオケ組に11人が残って下記の通り楽しみ。他にもお茶組が居て、大いに楽しみました。改めて健康だからこそ、このようなことが出来て、大勢の同期生の皆さんと良く話し、記念すべき一日を楽しめたと思います。
なお、今年の14期は「喜寿の祝」の年で、秋に開催を予定したいと話しています。さらにまた新元号が始まる年の新年会でした。
(K.I記)







<追記1>カラオケ組は11名でした。
菅原(保)、鈴木(久)、竹村(健)、田山(勇)、塚本(真)、長井(忠)、長谷川(達)、畠山(忠)、藤原(満)、村上(芳)、山城(正) の11名
長谷川君は、詩吟の雅号持ちのとおりカラオケもプロですね!自慢どおりでした。健ちゃんも2年ぶり、ほとんどカラオケはやっていないと言っていましたが、新しい曲は無いものの、相変わらず低音で魅了するいい声でした。鈴久さんは、新曲1曲と、古いが秋田関連の曲を2~3曲歌っていました。私は全く聞いたことのないものでした。良く見つけてくるな~と感心した次第。山城君も結構歌っていました(初めて聞きました)。田山君はさすがブラバン、しっかりした音程で歌っていました。2時間ほど歌って帰りました。
(T.H記)



 



<追記2>
カラオケ組と公園で別れてから、有楽町駅前ビルの地下街でお茶会です。始めは喫茶店を探しましたが、時間帯柄、満員で諦めかけました。早速小倉君が駆け回ってくれて、廊下にまで椅子が出ているおしゃれなお店を探し出してくれました。総勢9名、内女性4名(遠方から友子さん、祐子さん、統子さん、詔子さん)です。
1.5時間ほど飽きもせずおしゃべりと飲み物でゆったりと過ごしてから名残を惜しみながら駅のホームで解散しました。二人は秋田と名古屋に日帰りでした。本当にご苦労様でした。
(K.I記)

<追記3>
小番先生の91歳には、ただ驚くばかりです。私自身も未だ仕事を続けていることもあり、健康には、かなり気を付けているつもりですが、小番先生の年まで、あの元気を保てるかと考えると自信がないですね。
それに、何と言っても、一人ひとりの近況報告が聞けるのが楽しいです。鈴木(圭)さんの「毎日病院通いの日々、今日も病院、明日も病院、たまに美容院」のダジャレにはまいりました。
また今回、「呑べえ」のために用意した酒は、北鹿の「雪中貯蔵」、大曲の「刈穂」及びにかほ市の「飛良泉」の秋田の日本酒3本でした。うれしいことに、我らの故郷の北鹿「雪中貯蔵」が、一番旨かったです。来年は、「雪中貯蔵」のみでいいですね。
(T.N記)

<追記4>【後日談】
同期会の新年会に参加し楽しんでいることを紹介するために、当日会場で撮影した小番先生の写真と長井会長が差し入れてくれた日本酒の写真をその場でフェースブックにアップしたところ、郷里の花輪在住の中学の先輩がさっそくコメントしてくれました。
その方は私の剣道の先生のご子息で、1年上の先輩です。私たちと一緒に小さいときから剣道をやっていました。高校の先生をしていましたが、その後父上の道場も引き継ぎ剣道を教えておりました。その彼から3本の日本酒についてそれぞれコメントがありましたが、特に「雪中貯蔵」には次のようなコメントをアップしてくれました。
「雪中貯蔵は確か、大館市の作り酒屋さん北鹿の酒ですね。十和田休屋で熟成させていると聞いています。厳密にいえば、休屋地内にある県境の秋田県側の休平で仕込んでいるそうです。」
と言って、北鹿で「雪中貯蔵」を紹介しているホームページのURLを教えてくれました。興味のある方は下記のURLを覗いてみて下さい。
http://www.hokushika.jp/news/20170120.html
「雪中貯蔵」と言えば、もうだいぶ以前のことになりますが、大館在住の同級生の因幡熈美君が上京の折に一金会に参加してくれて、その時にリュックに入れた「雪中貯蔵」を背負ってきて飲ませてくれたことを思い出します(最近のことは直ぐ忘れますが、昔のことは覚えています)。私が「雪中貯蔵」を初めて飲んだのはその時でした。
長井会長の言うように「雪中貯蔵」はいいお酒です。
(J.T.記)



平成30年 関東十四期会「秋の昼食会」報告

2018/11/13

平成30年 関東十四期会「秋の昼食会」報告

日 時:平成30年11月2日(金) 14:00~17:00
会 場:「王府井酒家(ワンフーチンシュカ)」
     横浜市中区山下町152
     050-3468-4269
参加人数:15人(内女性 4人)

<昼食会前のイベント>
 「三渓園」見学・・・横浜市中区本牧三之谷58-1



今回のイベント報告は、石井会長代行の発案・指名で会場手配に尽力された藤村(信)君
のご苦労話と佐藤(金)君にまとめ報告をしてもらった。また、当日の感想を俳句2首に
て表現された田山(勇)君の俳句も合わせてご紹介いたします。

「佐藤(金)君の報告」

11月2日(金)秋晴れであった。見学についてはAコース、BコースあったがBコー
スの参加者は1名でAコース(三渓園)へ合流となった。


参加者:阿部(富)、石井(邦)、伊藤(祐)、小倉(博)、河野(詔)、櫻井(統)、菅原(保)
    鈴木(圭)、田山(勇)、塚本(真)、長井(忠)、畠山(忠)、藤村(信)、村上(芳)
    佐藤(金)(記)
以上15名    
集合: 根岸駅 11:00.全員時間厳守.タクシー分乗で三渓園へ約10分
三渓園:三渓園は明治の末から大正にかけて製糸、生糸貿易で財をなした横浜の実業家
    原三渓(本名富太郎)が造りあげた約53,000坪の日本庭園で京都や鎌倉
    などから集められた17棟の歴史的建造物があります。
    案内人はボランテア2人にわかれ、1人はなんと秋田県出身の阿部さんで、
    ぐーんと親しみを感じました。この巡りでは縁側の回し戸の仕掛け、5mほど
    の一枚岩の橋が印象的に加え、つわぶきの花があちこち咲き秋晴れの足元を照
    らしてくれました。
    13:30ごろ見学を終えて昼食会会場の「王府井酒家」(わんふーちんしゅか)
    へと向かった。

王府井酒家:14:00から有名な中華街の中。ここで待ってた藤村君と合流し、全員
    15名となりました。長井会長のあいさつの後、乾杯のあいさつは、秋田から
    夜行バスで駆けつけてくれた別名雪女、伊藤(祐)さんがやってくれました。
    (祐)さんは宴盛るころ秋田県民歌を独唱、喝采をあびました。料理は飲み放題
    で楽しみました。
解散  :5時ごろ解散。外は暗くなっていた。何人かは2次会へ行ったそうです。
感想  :いつも石井さん、畠山幹事さんの采配でありがたく楽しませていただいた。
     やはり年とるにつれ同郷なる人のあつまりで遠慮なく語れるのが大変うれし
     いものでした。それと女性は花となってこれまた佳し。
以上    


「藤村(信)君の報告」

☆ 一金会の昼食会場選び
 10月上旬小倉君からTELがあり、「石井君にTELするように」との伝言があり、早速
 石井君にTELしたところ、「11月2日、一金会の昼食会を横浜の中華街で行いた
 いので、どこか20人位の会場侯捕を探して連絡を・・」とのことであった。
 現役を離れて10年、中華街は2、3回食事に行った程度であったが、店に多少の変
 化はあっても、中華街の町並みは変わっていないだろうと思い、了解し連絡すること
 とした。
 インターネットでいくつか候補の店を探し、その中から、中華街の大通りに面した店
 が、皆にわかり良いだろうと、3 店を選び連絡して候捕の店を決め、石井君から幹
 事畠山君に連絡し、店との詳細交渉をお願いした。その後畠山君から正式な昼食会の
 案内を頂戴し喜んで参加の届けを出した。

※昼食会の前に、11時過ぎから三渓園見学会が14人の参加で行われました。

☆ 昼食会
 昼食会は14時過ぎから長井会長の後期高齢者に突入の我々同期の健康間題から、
 今後の日本経済界の、方向等、広範囲に及ぶ内容のご挨拶に感心し、乾杯で始まっ
 た。2テーブルでそれぞれ近況を語り、和気あいあい酒を飲み交わし、懇親を深めて
 いった。特に中華と言うことで紹興酒を飲み交している内に、楽しい時間が過ぎ17
 時頃終了となった。

☆ 2次会
 昼食会会場「王府井酒家」で食べて、飲んで、いい気持ちで宴会終了して外に出ると
 ネオンが灯る時間になっていた。皆さんと解散し、帰途についたが関内駅に向かった
 長井君、村上君、畠山君、藤村の4人は、十分飲んで出来上がっているにも関わらず
 横浜のネオンに誘われ “ちよいともう1杯!!” と居酒屋を探し、駅前のビル6階
 の飲み屋に入り、2次会を始めた。
 長井会長は、昼食会で紹興酒の飲み過ぎか、三渓園見学のお疲れか、ほとんど、居眠
 り状態、村上君、畠山君、藤村は、少々のつまみで、ビール飲み呑み、鳳鳴時代の思
 い出話、偶然にも村上君、畠山君、藤村は1年生の時、荒谷先生のクラスだったこと
 から懐かしい話になった。いろいろ話は出たが、何しろ飲みすぎ、酩酊状態であった
 ため、ほとんどの話は覚えていない状態で、2次会を終了し、関内駅で解散し帰路に
 着いた。
 何はともあれ、見学会には参加できなかったが、昼食会、2次会に参加でき、楽しい
 1日でした。
 石井君、畠山君幹事ご苦労様でした、ありがとうございました。
以上    

「田山(勇)君の俳句2首」
  ~~皆さんから田山君のさらなる上達のため、忌憚のないご批評を・・・~~

  ☆ 秋の園 花嫁御寮に 眼をそらす

  ☆ 元町や 男女八人 めぐる秋




<さらに宴会風景のスナップを見る>
» 続きを読む



関東十四期会 平成30年「新年会」報告

2018/02/13

日  時: 平成30年1月23日(火) 12時30分~14時50分
場  所: 「嘉 賓」
         東京都新宿区四谷1-7 第三鹿倉ビル2F
参加人数: 22名


「記事」
平成30年は雪世界の新年会!

 今年の新年会は、記録的な降雪の翌日、1月23日(火)。快晴に恵まれ、さらに雪の東京を楽しみながらの素晴らしいものだった。まず、11時に、先輩で4期卒の画家・戸嶋靖昌記念館に12名集まり、記念館の説明員(職員?)の方々から丁寧な説明等を聞きながら、あまり見たことのない手法で描かれた大作をじっくりと鑑賞させていただくと共にたくさんの資料とで先輩の生き様を感じる静かな濃密な時間だった。
 その後の移動はタクシーで楽勝と思ったが、ドライバーは道知らず1台は迷いながら新年会の会場、四谷の中華「嘉賓」に到着。24名の満席に対し、22名(当初は25名であったが、雪のため3名欠席)の参加。女性は5名(はるばる秋田から伊藤さん)、遠方の名古屋から上関君、誠に珍しいこの雪世界の中、元気に集まることができた。
 昨年末亡くなった朝霧君に黙祷し、会長の挨拶、そして今年3月に満90歳になられる矍鑠とした小番先生の、碁の大会で優勝された素晴らしいお話、から始まり、その後は歓談と美味しい会食を楽しみながら、場はどんどん盛り上がった。中華料理を満腹後、席順に近況報告。皆それぞれに年令相応に味のある、そして健康の源になる話を本当に嬉しそうに話した。今年は初めて後期高齢者になるという画期的な新年会。元気だからこそ、このように集まって会い、楽しめることに感謝の一時。閉会後、記念写真を撮り先生等と別れて、今度は20名で本日のハイライトである、迎賓館へ徒歩で向かった。
 入館時の厳しい所持品検査に驚きながら、音声ガイドと随所に配置された説明員の説明を聞きながら見学。中の素晴らしさは勿論のこと、それに加え、雪が風情を高めてくれた素晴らしい見学会であった。今まで庶民は見学出来なかったことを思うと、長生きすると良いことがあるもの、と再認識。
 四谷駅まで戻って、5時ころ、名残を惜しみながら解散。その後半分ほどの皆さんは駅上のレストランでお茶を楽しみ、休憩後、6時半に2回目の解散。お陰様で楽しく新年のイベントができて、今年も元気にスタートした。  
  追記:この日は白根山噴火の日でした。
(報告者 K.I)

<以下に、当日のスナップをご紹介しますので、上記報告と合わせてご想像ください>
» 続きを読む



関東十四期会 「川越昼食懇親会」 報告

2017/12/02

日 時:平成29年10月30日(月) 12:00~14:30
場 所:「幸すし・川越店」
参加者:阿部、小倉、小池、佐藤(金)、菅原(保)、菅原(弘)、田山、塚本、戸田
    長井、成田、畠山、藤原、馬淵、山城、吉田(實)
(以上 16名 五十音順)



  恒例となった関東十四期会の「昼食懇親会」、今回の会場は都心を少し離れた徳川ゆかりの地「小江戸川越」に設営した。
 当日は晴天ながら強風が災いして、JR川越線が運休のため笹谷君が欠席となったことや、宇都宮からの成田君も列車遅延で若干の遅刻はあったが、遠方にも拘らず16人の参加であった。直前に女子会旅行があったことで、マドンナゼロの懇親会はやはりちょっと寂しさはあったが、山城君が桐生からマイカーでの参加(関東十四期懇親会は初めて)は嬉しかった。
 当日午前10時、JR川越駅東口改札に集合し、地元吉田君の先導で先ずは「喜多院」、「五百羅漢」などを拝観、江戸時代の歴史に触れた後、会場の「幸すし・川越店」までぶらぶら歩いた。
 長井会長の挨拶の後、地元吉田君の歓迎のことばとともに「乾杯」のご発声となった。
 会場の「幸すし・川越店」は寿司専門の料亭ではあるが、当方の希望を入れて「ウナギ料理」も取り入れたメニューだったり、秋田県(花輪)出身の仲居さんを係に付けてくれるなど、店主の気配りが嬉しかった。
 長井会長持込みの日本酒「純米吟醸・北秋田(北鹿/秋田)」、「獺祭(だっさい)(山口)」を嗜み乍ら久し振りの語らいとなりました。人数が16人と少なめだったが、むしろ話は十分できてこれもまた良かったのでは!?
 約2時間半の懇親会の後ほろ酔い加減で再度川越散策となり、「菓子屋横丁」、「蔵造り通り」、「時の鐘」などを散策した後、また吉田君の先導で川越駅まで歩き、川越駅にて16時頃散会となった。
以上
(記録:T.H)



平成29年 関東十四期会 新年会報告

2017/02/23

開催日時: 平成29年1月26日(木) 13時~16時
開催場所: 土風炉・浅草店
        東京都台東区浅草1-24-1 浅草ROX2 4F
          TEL 03-5806-4455
イベント: 懇親会後、東京スカイツリー見学
参 加 者: 懇親会 ・・・ 31人(男24人、 女7人)
      イベント ・・ 19人(男15人、 女4人)

20170126-1新年会

 1月26日、わが同期の新年会を開催できました。天候は快晴、しかも無風で穏やかな3月なみ 最高の気候。晴れ男晴れ女が満載だったのでしょう。実に恵まれた一日でした。(余談ですが電車から富士山が綺麗に見えました。)
 当日は秋田市から、伊藤(旧姓黒沢)さんと、小畑君が参加してくれました。お互いの参加は会場で会って初めて知った次第。新幹線も一便差がありました。伊藤さんは報告者と同級生でもあり、11時という早い時間だったので、上野駅まで迎えに出ました(小倉君、鈴木(旧姓小田島)さん、桜井(旧姓吉田)さんも一緒)。時間が早かったので、上野駅から地下鉄、雷門、仲見世通り、浅草寺お参り、花やしき通り、そして浅草の(伊藤さんの投宿先の)ビューホテルまで、散策しました。驚いたことにホテルでの手続き中に、京都から参加の鈴木君がホテルのカウンターに現れてお互いにビックリ。知らないところで皆つながって行動していたのが判明しました。新年会までの時間がまだあったので、『まるごとにほん館』をぶらぶら。ところが、秋田キリタンポのコーナーにいた女性店員は大館鉄砲場の出身。少しの時間楽しんだ後、今日の会場近くでお茶タイム。のんびりしてから会場の「土風炉」へ。もう15人は集まっていました。
 定刻の一時までは、結局長井会長だけが遅刻。即開始。会長挨拶の中で、「以前ダメになった ベトナム新幹線の事業計画がまた動き出して、その会議で遅くなった」との前向きな話から始まり、 次に90歳を超えた小番先生の「元気の秘訣を交えたご挨拶」を頂き、乾杯は京都から来た鈴木君が「米国大統領トランプの懸念」にふれた後、全員で声高く元気にやっと新年会が始まりました。
 今回は女性も多く、前述の3人に加え佐谷(旧姓中山)さん、上関夫人(旧姓斉藤)さん、木村(旧姓川又)さん、谷田部さんの計7名もの参加でした。遠方からは名古屋から久しぶりに上関夫婦が お揃い(お揃いは5年ぶりかな)で参加頂き、新潟からも岩沢君が参加。と大いに賑わいました。
 今回も長井会長が安倍総理ご推奨の「獺祭」や大館の酒蔵北鹿の「北秋田」を差し入れてくれて、日本酒も大いに進みましたし、宴会も盛り上がりました。宴会はテンポが速くどんどん会話が弾み、 会場が細長かったせいもあり、ばらばらに会話の中心がちらばり、個人個人の近況報告が出来る 状況に有りませんでした。3時間はたっぷりあると思っていましたが、2時間後あたりに料理を一通り終わってからは、各自どんどん席を移動してますます会話や写真撮りが弾み、あっという間に3時間が終了し、「中締め」は最遠方の秋田から来た小畑君が年には思えない力強い締めをやってくれて、同時に立った伊藤さんのセンスの良い挨拶が印象的でした。「秋田から雪女が参りました。会場でみんなと会ったら雪が溶けました」ということで、大変愉快な一次会でした。
 会場から出て、下の交差点(新仲見世どおりの西出口にあたるところで車がほとんど通らない時間帯)を占領して記念写真を何回も撮ってやっと解散となりました。
 楽しい時間はあっという間に終わった気分でしたが、二次会はその後、19人もが残って小倉君 先導で軽く浅草散策をしてから、スカイツリー線電車で東京スカイツリーに到着し見学をしました。 思ったほどは混みませんでしたが、それでも切符購入に15分ほど、エレベーター前で5分ほど待たされて、地上350mの「展望台デッキ」に到着した時には、ほとんど日没、それでも影富士が見事に見えて、隅田川も見えて下界の夜景が次第に光を増し始めました。350mからまたエレベーターで 450mの「展望回廊」まで楽しみました。そこは平らな通路ではなく、ゆるい螺旋の床をゆっくりと外を楽しみながら登って楽しむようになっていました。観光客は半分以上が外人かな? 下界に降りたときは6時頃になりましたが、そこでカラオケ組が10人ほど第3次会の楽しみに向かいました。(カラオケ組の分は別便でお願いします。)小畑君は弟の淳君(17期)宅へ宿泊ということで戸田君が送って行き、残りはスカイツリーの3階で名物の「業平そば」(大盛りにみえた)と会話を楽しみました。昼前から8時ころまで10時間たっぷりと楽しませてもらいましたが、改めて、健康だからこのようなことが出来て、皆さん良く休めた一日であったのではと思いました。以上報告です。
(K.I、T.N、J.T記)




<当日のスナップ紹介>



<カラオケの報告は別途>