あなたは

アクセスカウンター

  • 134525:
番目の
ご訪問者です。

長井忠昌さんからの報告

都市交通政策を誤ったマレイシア・クアラルンプ-ル

2016/07/13

久し振りに長井さんから、「都市交通政策を誤ったマレイシア・クアラルンプ-ル」
としての海外情報の報告がありました。
数年前からベトナム・ホーチミン市で都市鉄道建設プロジェクトに係わっている
長井さんですが、東南アジアにおける都市鉄道事情について、これまでの   
シンガポール、香港、北京、上海及びソウル等の都市交通事情につづく紹介で、
ついでに訪問した、マラッカ及びペナン島情報と併せての報告です。
お楽しみください。

» 続きを読む



平成26年インド訪問記

2014/12/25

平成26年7月と12月の2回にわたってインドを訪問された長井君からのご報告です。
東南アジアを旅行された方は結構おられると思いますが、
インドはあまりおられないのではないでしょうか?
この、長井君のご報告から、広大なインドの状況をご想像下さい。


平成26年インド訪問記



中国重慶市への出張記

2013/03/25

2月26日~3月9日の間、中国の重慶市へ出張で出かけてきました。今回の出張は、重慶市でモノレール及び
地下鉄の運営をしている「重慶市軌道交通有限公司」という会社から、駅の商業施設の開発をやりたいので、日本
のノウハウを教えて欲しいというものでした。
 今回は、相手側が駅の商業施設の開発について、何を望んでいるのかを把握すると共に、今後の協力が可能かど
うかを確認するためのものでした。

どうして、このような要請が私共のところに来たかというと、この重慶市のモノレールを最初に建設する際に、
協力したのが当社の前身である「海外技術協力協会(社団法人)」であったからです。

本当であれば、4月に14期の皆さんをベトナムにご案内する予定でしたが、この案件が7月頃までかかりそう
で、ベトナムの仕事は、その後になりそうです。

重慶市へは直行便がなく、北京か上海経由で入るのですが、今回は北京経由で入りました。日本のマスコミは、
盛んに北京の空気は、スモッグでひどいとやっていましたので、我々全員、マスクを大量に持っていきましたが、
確かに、空気は良くないのですが、現地でマスクをしているのは、我々だけでした。結局、我々も最後にはマスク
を付けるのを止めてしまいました。
 また、重慶市に入る前の、北京では、北京~天津間の新幹線に乗ってきました。この区間は、ドイツの協力で作ったもの
だそうですが、日本の新幹線に劣らず、快適なものでした。

北京の寒さは、東京よりも寒いのではと思って行きましたが、幸い、ほぼ東京の気温と同じ位で、助かりました。 
重慶は、北京よりも緯度が南ですので、日本の5月位の気候で、コートなしで過ごせました。

» 続きを読む



事務所通訳の結婚式への出席とホーチミン市日本人学校田山教頭

2012/10/29

 今月は、私が所属しているJIC(日本コンサルタンツ㈱)ホーチミン事務所通訳の結婚式がありました。
 ホーチミン市に来てから、結婚式への出席はこれで3度目です。いずれも、通訳やプロジエクトのカン
 ターパートの女性で、これまでの2人は、結婚後すぐ子供ができ産休中です。

 ベトナムの産休は今年、法律改正があって、4ヵ月から6カ月になりました。
   ベトナムの結婚式は、夜7時くらいから、始まって9時くらいまで続きます。知り合いは、全て呼ぶ
 といった感じで、200~300人位の人が集まります。

 通常は、親族代表の挨拶が5分くらいあるのですが、今回はそれもナシ。新郎新婦によるケーキカット
 が終わるや否や、カラオケ大会となりました。ベトナム人は、難しい発音の言語を使っているせいか、
 みんな耳が良く、歌がうまいです。

  今回は、ハノイで一緒になった鳳鳴33期(前回の相川さんの紹介の時の37期は誤りのようです)の
 相川さんと同期のホーチミン市日本人学校田山教頭の所へ、お邪魔しました。

» 続きを読む



韓国の新幹線・地下鉄と釜山・慶州

2012/10/08

ハノイから8月31日に日本に帰り、10月1日に今回ホーチミンに来る前に、仕事と観光を兼ねて、
 韓国の新幹線・地下鉄に乗ることと、韓国南部の釜山及び慶州の周辺を見てみようということで、
 韓国に行ってきました。 特に、韓国の新幹線については、一度乗ってみたいと思っていましたので、
 今回は良い経験をすることが出来ました。韓国の新幹線は、フランスのTGVを基につくられたもの
 ですので、日本の新幹線と最も違う所は、前後の機関車で動いているということです。
 ですから、旅客が乗っている車両にはモーターが付いていませんから、静かです。最高速度が300km/h
 になっても、その速度を感じない程、静かでした。これには、驚きました。
 但し、前後の機関車が重いということもあり、線路への負荷が大きくなるため、線路に関わる故障等
 で動かなくなってしまうことが時々起きています。こういうこともあり、フランスも最近は、日本の
 電車方式を取り入れ始めています。

» 続きを読む