あなたは

アクセスカウンター

  • 146672:
番目の
ご訪問者です。

一金会

平成28年 第9回目「一金会」

2016/09/29

日 時:平成28年9月2日(金)  17:00~19:00
場 所:ビア&グリル『THE OLD STATION』」
     東京駅八重洲北口2階 北町ダイニング内 (電話)03-6256-0578

《出席者》 畠山、田山、石井、平泉、塚本、小倉、田中(27期)、長井
以上8名 (到着順、敬称略)

2016-9-1-1  (塚本君は所用あり早めに退席。<カメラマン田中君>)

『記 事』
 関東十四期会の幹事を勝手に自認する畠山だが、最近他用とバッティングすることが多く、例会時間に間に合わず、つい石井に早目に到着方依頼することがある。今日は他の用事がまったくなかったので、少し早めに出かけた。30分も早く着いてしまい、手持無沙汰に誰か来るのを待っていたら田山が来て、ほどなく石井もやってきた。少し早いが取りあえず始めようかと飲み物、料理等を注文したところに、平泉、塚本が来て、他用を済ました小倉もやってきた。田中と長井を入れて、今日は8人の参加であった。
 当日の話の内容はほとんど忘れたので、私事(畠山)のグチを聞いてください。
 会社を定年となり、引き続き会社のOB会事務局に勤務したが、それも4年前に退任した。会社の仲間がやっているハワイアンバンドに入れてもらい、いよいよ悠々自適、好きなことを…と思っていたら、先輩から当社が寄付金を出しているボランティア団体(公益社団法人日本産業退職者協会)を手伝えと言われ、なんとなく係わってしまった。当初は月に1、2日のことだからと言われたのにとんでもない、定例会議、各委員会(4つ)、イベント、埼玉地域会と月の半分ほどがつぶれてしまう状態である。ほとんど毎日出歩くので、退屈することはないが、それにしても純粋なプライベートの時間が少ないことは辛い、特にこの歳になってくると…。
 そんな中、去る9月3日~5日の間、ささやかな趣味のハワイアンバンドの演奏(演奏は4日のみ)で、秋田市主催の町興し行事であるAMF(秋田ミュージックフェア)に4回目の参加で行ってきました。演奏後、関東から一緒に行ったバンドのメンバー6人をワンボックスレンタカーで観光案内してきました。まず、角館の武家屋敷を案内し、宿泊は秋田芸術村(わらび座)の「湯ポポ」で、温泉やら、きりたんぽ、山菜料理に秋田自慢の“酒”を堪能してもらい大いに喜ばれた。翌日は東洋一酸性の強い温泉と北投石で有名な玉川温泉とたつ子姫の田沢湖を案内し、田沢湖駅から秋田新幹線こまちで帰りました。折角秋田県まで行きながら故郷大館市に寄れなかったのが残念でしたが “忙中閑あり” リラックスできた3日間でした。
 つまらない私事にお付き合いいただきありがとうございました。

さて、例によって他の方のコメントをご紹介いたします。
<小倉・・・小倉、田中、長井テーブルの会話から>
1.長井君今日は早々と登場、やけにすっきりしている。危険極まりない(?)海外出張から
  解放されたとか。本当にご苦労様でした。カラオケは勿論、大好きな韓流番組(韓国の歴
  史ドラマ)をゆっくり鑑賞してね。
2.少し高尚な芸術に転じて、孤高の天才画家戸嶋靖昌(鳳鳴4期)先輩の絵画について
  熱いトークの応酬。ついには洋画のピカソ、梅原竜三郎、藤田嗣治、山本岳人、日本画の
  若冲、大観、応挙等々に及ぶ。“お酒”よりもアルコール度が上昇!
  鳳鳴会の皆さん、戸嶋先輩の絵画を是非鑑賞しましょう。
  平泉君は、何十年も前、軽井沢ホテルで別荘持ちの方のオークションがあった時、梅原
  竜三郎の絵が何百万円かで売りに出ていた時、買おうと思ったがやめてしまったが、あ
  の時買っておけば、今は、何倍かになっていたであろうとのことを悔やんでいました。
  長井が言うには、藤田嗣治は、その描く線が素晴らしく、それを良く表しているのが「藤
  田嗣治の猫」の絵であるとのこと、また秋田の県立美術館に「秋田の行事」の大壁画を残
  しているが、この作品も秋田の風情を良く表しており、素晴らしいものである。
3.8月と言えば甲子園、何と言っても投手はコントロールと千葉コンビの小倉・平泉(二
  人は千葉県人)。千葉木更津高校準優勝、鳳鳴通の田中幹事長も納得の様子!でも、
  もう一度甲子園・・・全員の気持ち。
4.7、8月と元気な証拠品の“写真”が無かった発言あり、帰り慌てて通路にて記念撮影。
  その後、例のごとく二手に分かれ帰路につく。
※実は、長井、田中、畠山の3人、大変久し振りに東京駅前のカラオケスナック「花」に
 寄ったものです。
 早い時間だったので貸し切り状態で、3人で歌いまくり早々に切り上げました。(畠山)
以上
(記:T.H、H.O、K.I、T.N)



平成28年 第8回目「一金会」

2016/08/24

日 時:平成28年8月5日(金)  17:00~19:15
場 所:ビア&グリル『THE OLD STATION』」
     東京駅八重洲北口2階 北町ダイニング内 (電話)03-6256-0578

《出席者》 畠山、平泉、小倉、石井、田山、戸田、塚本、長井
以上8名 (到着順、敬称略)


世界遺産「国立西洋美術館」-2
『記 事』
 田山君が大腸のポリープ摘出手術が無事完了し、3ヶ月振りに参加した。常連の田中君(27期)は、本日東京鳳鳴会のイベント(国会議事堂見学会-2回目)とバッティングのため欠席となりました。ザンネン!他のメンバーはほぼ常連で8名の参加であった。
 畠山から情報として、官公庁・大企業で余剰となった「ノートパソコン(windows10)」の廉価譲渡会が8月11日(木)川口駅前で開催されることを紹介した。現在デスクトップを使っており、ノートPCが欲しいと考えていたので、自分は是非行ってみるつもり…と。
 たまたま平泉と向かい合わせの席だったので、最近テロ事件の発生範囲が広がってきているように思えることから、JICAの仕事で特にアフリカ、中東を廻ってきている彼に、IS、ISIS、イスラム教、イスラム国、etc.について尋ねてみた。イヤー!実に詳しい、というより勉強している。赴任地がイスラム教の多い処から必然的に勉強したとのことであった。私一人で聴くのはもったいないと思った。いつか『鳳鳴塾』で取り上げたらどうか、と思えるほど詳しい。ただ、政治と宗教問題を公的に取り上げるのは問題あるのかも・・・。
 話題の中で、『関東十四期会』の在り方に変化を持たせてもいいのでは?との提案あり。
例えば、1月の新年会はそのままとして、そのほかにイベントを楽しみながら昼食会を昼間に開催してみてはどうか。特に女性は夜よりも昼時間の方が良いのでは・・・、と。
そこで、第1候補として、先日世界遺産に登録された『西洋美術館』(上野)を見学しがてら、上野周辺でランチ懇親会など。皆さん如何でしょうか? 
以上
(記:T.H)


<例によって、以下に各自からの追加コメントをいただきたいと思います>

» 続きを読む



平成28年 第7回目「一金会」報告

2016/08/16

日 時:平成28年7月1日(金)  17:00~19:20
場 所:ビア&グリル『THE OLD STATION』」
     東京駅八重洲北口2階 北町ダイニング内 (電話)03-6256-0578

《出席者》 石井、阿部、小倉、塚本、竹村、田中(27期)、畠山
以上7名 (到着順、敬称略)


1467365784037
『記 事』
 今回の一金会報告は、管理者の怠慢により作成が出来ませんでした。そこで、石井氏とまだ一金会には参加出来ていないかつての同期生阿部(正)氏と石井氏との日頃の一金会や十四期会の動向に関するメール交換文をご紹介し、当月(7月)の報告に代えさせていただきます。(追記話題のある方は管理者「畠山」までご連絡願います)

» 続きを読む



平成28年度 東京鳳鳴会総会・懇親会 (第6回目「一金会」に代えて)

2016/08/16

日 時:平成28年6月5日(日)  12:00~20:00
場 所:ホテル・グランドパレス

《出席者》 阿部、石井、小倉、桜井、佐谷、鈴木(圭)、鈴木(久)、長井、成田、塚本、      畠山、平泉、藤村、馬淵、村上、山城    以上16名 (50音順、敬称略)

H28 (23)
『記 事』
 今月は、東京鳳鳴会総会・懇親会月に付き、その総会報告を一金会報告に代えます。

» 続きを読む



平成28年 第5回目「一金会」

2016/05/15

日 時:平成28年5月6日(金)  17:00~20:20
場 所:ビア&グリル『THE OLD STATION』」
     東京駅八重洲北口2階 北町ダイニング内 (電話)03-6256-0578

《出席者》 田山、畠山、石井、平泉、小倉、阿部、戸田、塚本、田中(27期)、長井
以上10名 (到着順、敬称略)


DSC_0227

『記 事』
 先月の例会を休んだ田山が一番乗り、幹事として15分前に到着したが既に来ていた。体調を聞いたら、大腸ポリープが見つかったとのこと。今月末の手術になるらしく、6月の東京鳳鳴会総会・懇親会は欠席せざるを得ない、とのこと。ザンネン!まずは手術の成功を祈ろう。
 数日前に届いた東京鳳鳴会の会報27号の話題になった。今年の鳳鳴塾で講師を務めた25期の佐藤健次氏の活躍や、天才画家戸嶋靖昌氏(4期)に惚れ込んで戸嶋靖昌記念館を設立した執行草舟氏の寄稿文、さらに、能楽師になった52期の佐藤陽氏、鳳鳴生としては異色のプロボクサーとなった65期の中嶋隆成氏による2つの特別寄稿文など、これまでで一番の格調の高い会報になったと絶賛の声が上がった。今後も鳳鳴卒業生の人材発掘・紹介に期待したい。
 迎賓館赤坂離宮が一般公開されるにあたり、我が十四期会、または鳳鳴会のイベントとして企画してはどうかとの提案もあった。首都圏に生活して長いが、迎賓館の見学をした人は少ないと思う。ぜひ企画に期待したい。
 大館の一金会に電話した。桜庭君は会社の行事で欠席とのことで、西村君に電話。こちらは石井から長井、小倉と変わり、大館も加奈子さん、横井君等に順に回ったようで、20分ほど話していたが、皆さんの話の内容は確認していない。皆さんからのご報告に期待しましょう。
 それにしても、いつも元気な竹村がケガで欠席は寂しいね~!早く治して復帰を待ちましょう。
以上
(記:T.H)


» 続きを読む