あなたは

アクセスカウンター

  • 142640:
番目の
ご訪問者です。

2019(平成31)年 4月期「一金会」例会報告

2019/04/17

日 時:2019年4月5日(金) 17:00~19:20
場 所:「THE OLD SUTEATION」Tokyo Beer & Grill
      東京駅八重洲北口2階 北町ダイニング内
      (電話)03-6256-0578
《出席者》 畠山、石井、平泉、田山、小倉、成田、塚本、村上、戸田、長井
以上 10名 (到着順、敬称略)



『記 事』
 今年のサクラは天候不順が続き神の気紛れか、例年どうりとはいかない様だ。私も珍しく花見の会と一金会が重なり、5時の一金会に遅れるかと焦った、と言うのは東京メトロの半蔵門線から乗り換え、大手町駅で乗り換え東京駅に乗り換えるつもりが構内で右往左往、(駅中を大いに歩かされた)
おまけに東京駅でもいつもと違う道順を来たせいか、眼に入る周りの景色が全く違い3階中を散策するはめになった。記憶は年々薄れていくのを実感する。

会場には畠山、石井の両名が、次いで平泉、田山、小倉、成田、塚本、村上、戸田、最後に長井の順である。今日は都合10人であった。
ビールやノンアルコールで乾杯、新メニューもテーブルに、話としては気候の気紛れ振りや各地の花見の状況などそれぞれが披露する。そして最近多くなったのがやはり健康のことである。筋肉の弱りか姿勢がわるくなったとか、しかし一番多いのは「尿」の問題であった。
「三大不快尿」と言われる、頻尿(夜間頻尿)、尿漏れ、残尿感である。人の寿命の9割は「尿」できまるとも言われる。
私も夜間に1回起きるようになってから調べ始め、膀胱の血行の悪さが成せるのではと理解した。
それで、まず自分の膀胱の硬さをしらべる事にした。病院に行ったわけではなく、動物の尿の理論として言われる。トイレ1回約21秒の時間で終われるかどうか、また、膀胱にフルに貯められているかどうかは膀胱の柔らかさで判断出来きる。尿の量が少ないと膀胱が固くなっている証拠で夜間頻尿になる原因になるので、血流を多くし膀胱を柔らかくしなくてはならない。
毎回時間を計っていると、トイレに行くべき時が推測できるようになった、それに加えて尿の色にも注意している。色が少し濃くならないと水分(血液)を循環する肝臓の働きが悪く水分の再吸収ができなくなり、夜に尿として出そうとする事から夜間の頻尿がおこる。夜遅くのお茶、コーヒーは控え、水分の滞留を防ぎたい。
次にしたのはスクワット運動、と骨盤底筋運動です。それと足の裏健康法の青竹踏みです、これが1番効いているようにおもいます。また、指圧も2~3か所のツボが効くようです。男性の尿漏れは、尿道の後ろを少し持ち上げると残尿がでます。

つぎに、順ちゃんが来たので、私が孫から譲られたタブレットの話が始まった、今回は現物を持参したので、だいぶ参考になった。
正直を言うとこのタブレットを操作しようとして買い求めた参考書が6冊、おのれの脳の退化も推測され、次回からは認知症も話題にとりあげてはと思った次第です。

 少し長くなりますが、次の話題です。それは、花粉症についてです。
私も十数年前に突然に花粉症と思われる状態になり、病院にて診察を受け花粉症の仲間にはいりました。花粉症の程度はその年により強弱が有りますが続いていました。そこへ、3月の中頃にイギリスの国内事情の紹介で、イギリス人の1/4の方は花粉症であり、その対策は全国民が知っているとのことでした。その方法とは「ワセリン」を綿棒につけ鼻の穴へ少量つける事でした。
私は早速にワセリンを入手し、試してみました。完璧です。鼻水もでず、喉のせき込みも解消されました。何ということでしょう。
その理由がNHK・TVで解説が最近ありましたので記載します。理由は鼻に入った花粉の球が鼻の水分によって2つに割れて中から「アレルゲン」という物質が排出され、これがいろんな病状の原因になっているとの報告でした。それでイギリス国民は羊(洋毛生産)を飼う餌の草に花粉があることを知り、100年も前から対策として鼻に脂分のワセリンを塗っていたのです、各家庭の台所には必ずワセリンがあるそうです。皆さんも試してみてはいかがですか。

それともう一つ、血圧の高い人に、1日にスプーン一杯の「えごま油」をお勧めします。私はヨルダンに赴任の際に相当無理をし、血圧が200を超え救急病院に搬入され、即、投薬され難を逃れた、という経験があります。しかし薬の入手が難で、手に入らず止むを得ず止めてしまいました。その後十数年経ちましたが、お陰様で血圧は薬を飲まずに140~150の間です。
1月ごろのTV番組で「えごま油」の効果を知り、現在試しています。血圧は120台です。良かったら皆さんもトライしてみませんか。(私には効果有り・・・ただし、保証の限りではありません)
以上
(H.H記)



<当日のスナップをどうぞ>



←「」前の記事へ
 次の記事へ「」→