あなたは

アクセスカウンター

  • 132386:
番目の
ご訪問者です。

関東十四期会 「川越昼食懇親会」 報告

2017/12/02

日 時:平成29年10月30日(月) 12:00~14:30
場 所:「幸すし・川越店」
参加者:阿部、小倉、小池、佐藤(金)、菅原(保)、菅原(弘)、田山、塚本、戸田
    長井、成田、畠山、藤原、馬淵、山城、吉田(實)
(以上 16名 五十音順)



  恒例となった関東十四期会の「昼食懇親会」、今回の会場は都心を少し離れた徳川ゆかりの地「小江戸川越」に設営した。
 当日は晴天ながら強風が災いして、JR川越線が運休のため笹谷君が欠席となったことや、宇都宮からの成田君も列車遅延で若干の遅刻はあったが、遠方にも拘らず16人の参加であった。直前に女子会旅行があったことで、マドンナゼロの懇親会はやはりちょっと寂しさはあったが、山城君が桐生からマイカーでの参加(関東十四期懇親会は初めて)は嬉しかった。
 当日午前10時、JR川越駅東口改札に集合し、地元吉田君の先導で先ずは「喜多院」、「五百羅漢」などを拝観、江戸時代の歴史に触れた後、会場の「幸すし・川越店」までぶらぶら歩いた。
 長井会長の挨拶の後、地元吉田君の歓迎のことばとともに「乾杯」のご発声となった。
 会場の「幸すし・川越店」は寿司専門の料亭ではあるが、当方の希望を入れて「ウナギ料理」も取り入れたメニューだったり、秋田県(花輪)出身の仲居さんを係に付けてくれるなど、店主の気配りが嬉しかった。
 長井会長持込みの日本酒「純米吟醸・北秋田(北鹿/秋田)」、「獺祭(だっさい)(山口)」を嗜み乍ら久し振りの語らいとなりました。人数が16人と少なめだったが、むしろ話は十分できてこれもまた良かったのでは!?
 約2時間半の懇親会の後ほろ酔い加減で再度川越散策となり、「菓子屋横丁」、「蔵造り通り」、「時の鐘」などを散策した後、また吉田君の先導で川越駅まで歩き、川越駅にて16時頃散会となった。
以上
(記録:T.H)


←「」前の記事へ
 次の記事へ「」→