あなたは

アクセスカウンター

  • 132390:
番目の
ご訪問者です。

ベトナム新幹線プロジエクトに秋田県人が3人参加
~~うち1人は鳳鳴37期~~

2012/08/17

8月1日~31日の1か月の予定で、ハノイに入っています。
今回は、ベトナム新幹線の仕事ですが、このプロジエクトの担当者は日本人を主体に、ベトナム人、及び
フイリピン人を含めて、全部で約30名位の混成チームです。この中に、何と秋田県人が私を含めて3人
参加しています。
 そのうちの1人は、鳳鳴37期の相川さんという人です。鹿角(大湯)出身で、鳳鳴時代は、ラクビー部と
いうだけあって、でっかい体格の後輩です。また、出身地から我が同期の馬渕雄一君からスキーを教わった
ことがあるそうです。彼は、東京の(株)PMという海外コンサルタント会社に所属していて、専門は建築です。
もう1人は江戸さんという人です。彼は八森出身で、岩手大の土木を卒業して昔の鉄道建設公団に就職し、
長野新幹線やつくば新線の建設に携わっています。
 今回のベトナム新幹線の計画は、ハノイ~ホーチミン間約1,700kmのうち、ハノイから南へ約300km、
ホーチミンから北へ約400kmの両端部分のみを作ろうというものです。
このプロジェクトでの私の仕事は、「管理運営組織と人材育成」の案を作ることです。




1、ベトナム運輸省との打ち合わせ
vetonamu240818-11
今回の調査結果の報告の相手のトップは、
ベトナム運輸省の 副大臣でした。

来年の国会に再度、新幹線計画を提出する
ことで準備を進めています。

 前回、国会承認を失敗していますので、今回は
 皆慎重です。
vetonamu240818-21 こちら側は、ベトナムの関係者です。
2、新幹線プロジエクトの秋田県人会のメンバーです
vetonamu240818-31
右端が、37期の相川さんです。
 真ん中が、八森出身の江戸さんです。
3、ベトナムのバイク
vetonamu240818-41
ベトナムで「ホンダ」と言えば、
バイクのことです。朝夕の通勤ラッ
シュ時間帯は、いつもこんな状態です。

ベトナムに来られた時に、治安の方は、
あまり心配しなくてもいいが、第1に
注意しなければならないのが交通事故
です。

信号無視は当然、一方通行でも反対側
からオートバイが走ってきます。

私も既に、何度かヒャッとしたことがあり
ます。


←「」前の記事へ
 次の記事へ「」→