あなたは

アクセスカウンター

  • 129397:
番目の
ご訪問者です。

マレイシアの「ジョホール・バル」

2012/07/14

今回は、土、日曜日の休みを利用して、マレイシアの「ジョホール・バル」に行ってきました。
シンガポールからのツアーの予約が取れず、1人で、マレイシアに入ろうとも考えましたが、ようやくツアー
の予約が取れ、それで行ってきました。
ところが、ツアーの半分が、シンポールとマレイシア間の入出国手続きに取られる位、時間がかかりました。これを、
1人でやっていたら大変だなと感じました。





マレイシアについては、平泉君が良く知っていると思いますが、ガイドの説明から受けた知識を紹介しますと、国土面積は、
日本とほぼ同じだそうですが、人口は、約2,600万人しかいないそうです。
人口の60%がマレー人、30%が中国人、9%がインド人だそうです。マレイシアで一番大きな都市は、やはりクアラ
ルンプールで、ジョホール・バルは2番目、約200万人の人口だとのことでした。

ジョホール・バルとシンガポールは、ジョホール・バル水道を挟んで、橋でつながっていますから、朝、ジョホール・バル
からシンガポールに働きに出かけ、夜帰ってくる人が多いそうです。
逆にシンガポール人は週末、物価の安いジョホール・バルに出かけ、果物や野菜を買ってくるのだそうです。

ジョホール・バルの帰りに、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」に寄ってきました。


h242.7.nagai-1 アブ・バカール・モスクから見た
 シンガポール方向です。

 後ろに見えるのは、シンガポールの島と
 シンガポールとマレイシアを隔てている
 ジョホール水道です。
h241.7.nagai-2 アブ・バカール・モスク

 イスラム教信者以外は、中に入れません。
 外観は、白亜のきれいな建物ですが、中は、
 何もない大きなホールだけです。
h241.7.nagai-3 アブ・バカール・モスクのすぐ近くにある
 宗教裁判所です。結婚、離婚、1日5回の祈り
 が守られているか等を扱うそうです。
h241.7.nagai-4 現ジョホール・バル政庁
  (旧山下将軍の見張り台)です。

 太平洋戦争の初期に、山下奉文将軍率いる
 日本軍が占領した所だそうです。
 当時、日本軍が、こんな所まで占領しに
 来たのかと思うと、ちょっと信じられません
h241.7.nagai-5 サルタン王宮博物館ですが、今回は、残念ながら
 工事中で、中は見られませんでした。
h241.7.nagai-6 インドのヒンズー教寺院です。
 えらい極彩色の寺院ですね。雨の中、バスの
 中から取った写真ですので、雨のツブがバス
 の窓ガラスに映っています。
h241.7.nagai-7 昼食を取ったホテルです。
 主な料理は、カレーです。それとサテイという
 日本の焼き鳥に似た料理でした。
 サテイは、マレシアのみならずインドネシア
 及びタイにもあるそうです。

 カレーもサテイも少し甘辛い味です。
 インドネシ料理も、良く甘いと言われますが、もう
 少し日本の味噌味の塩辛い方がいいですね。ベース味が、
 ピーナツ又はココナツ味だからなんでしょうね。
h241.7.nagai-8 甘辛いピーナツソース
h241.7.nagai-9 h241.7.nagai-10 マレーシア文化村でロウケツ染めの体験を
 させてもらいました。

 それと、下にあるのがマレイシのカレンダーです。
 日本のカレンダーと違って、日付が縦に変わって
 いくカレンダーです。
h241.7.nagai-11 マレイシアの民族舞踊を見せてもらいましたが、
 この踊りの何が良いのか分かりませんでした。
h241.7.nagai-12 h241.7.nagai-13 h241.7.nagai-15 h241.7.nagai-14 h241.7.nagai-16 h241.7.nagai-17 h241.7.nagai-18
「ジョホール・バル」の帰りに、シンガポールの

 「マリーナ・ベイ・サンズ」に寄ってきました。

 ちょうど「マー・ライオン」の向かい側に位置
 しています。

  3棟の高層ビルの上にドーンと乗っかった大きな船。
  
  初めて見る人はギョッとしてしまう異様な外観ですが、
  こちらは2010年の4月にシンガポールにオープンした
  東南アジア初となる高級総合リゾート『マリーナベイ
  サンズ」


  巨大なカジノ、ホテル、ショッピングモール、劇場など
  シンガポールの新たな観光リゾートとして大きな注目を
  浴びているそうです。

  ラスベガスのカジノリゾート運営会社・ラスベガス・
  サンズによって開発され、500のテーブルと1,600の
 スロットマシーンが並ぶ、単独としては世界最大の
 カジノを中心に、2,561室のホテル、12万平方メートル
 のコンベンションセンター、7万4千平方メートル
 ショッピングモール、美術館、シアター、グラス
 パビリオンなどを含んだ複合リゾートとなって
 いる。

  TVの画面でも、時々見られますが、ホテルの上に船が
  乗ったような奇抜なデザインです。
h241.7.nagai-19 「マリーナ・ベイ・サンズ」の56Fからの写真です。
 ここまで上るだけで、20 シンガポールドルです。


←「」前の記事へ
 次の記事へ「」→