あなたは

アクセスカウンター

  • 132386:
番目の
ご訪問者です。

ベトナム最初の首都ホアルーと景勝地チャンアン

2012/05/31

 今回の出張は、4 月22日~5月31 日でした。最初の1か月は、ベトナム新幹線の人材育成と試験線設置
計画の検討でした。後半の約10日間は、ハノイ都市鉄道のための会社設立に関わる準備調査に関わりま
した。
 ベトナムも、4月から5 月半ばまでは日本の夏以上に暑い日が続きましたが、5 月の中旬以降は、日本
の梅雨みたいな天候が連日続き、市内の道路が雨で冠水状態になる日が何度かありました。
これは、日本の梅雨と同じように6月一杯がこのような天気だそうです。
  途中の休日に、「ベトナム最初の首都ホアルーと景勝地チャンアン」に行ってきました。
「ホアルー」は、ハノイから南へ約100㎞離れたところにあり、ベトナム最初の首都であった所で、
ハノイに遷都される前、968年~1010年の間、北部ベトナム、デイン王朝の首都でした。
 「チャンアン」は、この、「ホアルー」に近いニンビンにある景勝地です。綺麗な川と石灰岩の岩峰が連なる風光
明媚な所です。



1.「ホアルー」 nagai- (2)1 ベトナム北部の首都が、何故
「ホアルー」に建設されたのか、
現地へ行ってみて一目瞭然でし
た。
それは、この写真にあるように、
石灰岩の山々が、幾重にも城壁
のようにそびえ立っており、
かつ、その間は水路ということ
で、天然の要塞になっているの
です。
2.「ホアルー」の城門 nagai- (3)1 ただ、それは、首都の規模が
小さいときは、良かったのです
が、逆にその規模が大きくなる
と、交通網を形成することが難
しく、約1,000年前にほとんど
山らしきものがない、大きな川
の紅河のほとりのハノイに現在
の首都を移したわけです。
現在のハノイは、交通網を形成
するには、好都合な所ですが、
あまりにも、川により過ぎてい
ますので、今でもしょっちゅう
水びたしになっている訳です。
3.初代皇帝ディンの廟 nagai- (4)1 nagai- (5)1 nagai- (6)1 これは、初代皇帝デインの廟
です。廟の後ろに、石灰岩の山
が廟を守っているかのように
そびえているのが分かるかと
思います。
ベトナムは、焼き物で有名な街
がありますが、この廟の屋根は、
やはり、焼き物です。
日本の瓦のように大きいもの
ではなく、小さな焼き物を積み
重ねています。
4.チャンアンでのボート乗り場 nagai- (7)1 景勝地チャンアンでの、ボート
による川沿いの観光です。
週末に観光客が殺到するのに
対応できるように、何百もの
ボートが係留されています。
今回は、平日ということもあり、
あまり込んではいませんでした。
5.途中の景色 nagai- (8)1 ゆったりとした川の流れと、
石灰岩の変化にとんだ山並み
が幻想的な風景を作りだして
います。
6.途中のお寺 nagai- (9)1 川沿いに作られたお寺です。
石灰岩の産地ですから、石の
彫刻像があちこちにあります。
ボートによる観光も、この山
の下の鍾乳洞の洞窟をいくつ
か、くぐり抜けての観光です。
7.チャンアンでのボート観光 nagai- (10)1 nagai-1 チャンアンでのボート観光は、
水もゆったり流れているせいか、
時間がゆったりと過ぎていくよ
うな、癒しの気分に浸れます。
外国人は、救命胴衣を付けさせ
られますが、ベトナム人は、まあ
いいやということでしょうか、
ほとんど救命胴衣をつけていま
せん。


←「」前の記事へ
 次の記事へ「」→